スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

地下鉄に向かう階段 【chikatetu ni mukau kaidan】 

地下鉄へと降りる階段
GR DIGITAL III

~八重洲~


信じることによって前に進むことができればそれに越したことはない。
疑うことによってしか前に進む方法がなければそれを選択するしかないのかもしれない。

だけど僕は疑ってばかりいるような気がする。
自分に対しても他者に対しても。
それはあまり歓迎すべき傾向であるとは決して言えない。

信じることによって受けなければならなくなった裏切られた時の精神的ショックのことを考えると、
防衛本能が強烈に働いて、「まず疑ってかかる」ということが
一種のドグマのようになっているのかもしれないです。

まぁいわば精神とシビアな現実の間にクッションを置くようなものだ。
フカフカで柔らかいものではないけれど随分と役に立つ必需品だ。
でもそれじゃあダメなのだ。

信じることを積極的に採用して日常を送ること。
それが一つの決心といえば決心で、
停滞した生活を改善させる唯一の処方箋のような気もする。


寒がり猫
スポンサーサイト

[2011/02/04 17:56] 八重洲 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。