スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『シュルレアリスム展』に行ってきた 

走る子供
GR DIGITAL III

~六本木~


現在、国立新美術館で開催されている『シュルレアリズム展』に行ってきた。

作品はパリのポンピドゥーセンターに所蔵されているコレクションで、
作品数は約170余り。
年代は20世紀初頭から後半くらいまでです。

デ・キリコ、デュシャン、マグリット、ジャコメッティー、
ダリ、ミロ、マン・レイなど顔触れは多彩。

その中でも見どころはやっぱりマグリット。
『秘密の分身』、『赤いモデル』はシンプルな構図で分かりやすく、
その分、直接的に体中の感覚器官に訴える力がある。

こういった作品は理解しようとするのではなく、視覚から入ってくる情報を
皮膚の中にすべてしみこませて感じること。
理性や知性で解決しようとするときっと頭痛が起きます。


ガラスの壁国立新美術館(黒川紀章設計)


この作品展ではじめて知ったのは
シュルレアリスムとはエロティシズムであるということ。
男性的欲求、リビドー(性衝動)を具現化した作品が多くみられた。

ジャコメッティーのブロンズ彫刻『男と女』やマン・レイの油彩画『森の中の工場』は
愚直なくらいのセクシャルな表現で思わずニヤニヤしてしまう(*´Д`)


しかし全体を俯瞰してみると不可解な作品が多いのも確か。
ブローネルの『空気の威信』、『欲望の解剖学』、
マグリットの『凌辱』、イヴ・タンギーの『岩の窓のある宮殿』なんかは
観る者に不安と動揺を与えるほどだ。

既存の世界観やイデオロギーとは決して融和しないアナーキーさ。
ステレオタイプな僕やあなたを混乱させるには十分だ。


興味のある方は行ってみてください。
この頃刺激が足りないなぁと感じている方にもお勧めです。


寒がり猫

にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へ
にほんブログ村  ←足跡のかわりにクリックしていただくと嬉しいです(・・。)ゞ
             いつもありがとうございます(〃∇〃)
スポンサーサイト

[2011/02/20 18:53] 六本木 | TB(0) | CM(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。